レーザー脱毛は自宅でできるの?

 ”フラッシュ脱毛” と言うのは、公共のサロン(エステサロンや脱毛専門サロン)や 家庭用脱毛器 でも、一番安全な脱毛方法と言えます。 永久脱毛ではありませんが、脱毛効果も実感することができるし、レーザー脱毛よりもリーズナブルという 部分で若い女性を中心に絶大な支持を得ています。

その一方で “レーザー脱毛” は、というと・・・
 公共機関(皮膚科や医療脱毛クリニックなど)でのレーザー脱毛は、脱毛サロンよろしく大いに盛り上がっています。ですが、”家庭用のレーザー脱毛器” となると、どうでしょう。

現在,日本国内で レーザー脱毛が認められているのは、医療機関のみです。そして施術(レーザー照射)を行えるのは、医師 もしくは 脱毛資格を取得した脱毛師 のみとなっています。
 そんな事情を持つ “レーザー脱毛” を、自宅でやっていいのか?と、はなはだ疑問もあろう事と思います。

* 医療レーザー脱毛と家庭用レーザー脱毛器トリアとの違い.

一般に医療で使っているレーザー脱毛には 3種類あります。
代表的なものが「アレキサンドライトレーザー」で、日本で初めてレーザーによる治療などに使われた光です。続いて、「ヤグレーザー」「ダイオードレーザー」の2種類。

この3つが主に医療関係で使われる事の多いレーザーです。これらの3つのレーザーは、それぞれ周波数が微妙に違っているため 反応する毛質・肌質も違ってきます。そのため 医療レーザー脱毛では、個人個人に合わせた脱毛ができる と言う利点があります。

そして “家庭用脱毛器トリア” で使われているレーザーは、この3種類のうちの「ダイオードレーザー」です。

《ダイオードレーザーの特徴》
ダイオードレーザーの脱毛力は凄まじく、他の2種のレーザーに比べると優れた点が多々あります。例えば、毛の色や太さ・肌の色に係わりなく幅広い人に使うことができる点。産毛では効果が出にくい・色黒の肌には使えない・脱毛の持続性がない といった、 “アレキサンドライトレーザー” や “ヤグレーザー” よりも融通がききます。
(※ ヤグレーザーは比較的肌の色に関係なく色黒の人でもOK)

* 自宅でレーザー脱毛は違法では?

もちろん、自宅で使用するダイオードレーザーは、医療の現場で使われる場合よりも、だいぶ出力を落とした使用になっているため日本でも使用が認められています。このことは、別ページで詳しく記載していますのでそちらを参照してください。

確かに 高い脱毛効果を誇る分それなりのリスクはあります(痛みとか)が、トリアは レーザー脱毛の良さを自宅で実感できるように、数々の改良を重ねて生み出された家庭用のレーザー脱毛器です。
 アメリカでFDAの認可も受け、誰もが安心して使えるように開発されたのです。

取説に従った・・ ルールを守った使い方をして、継続して使い続けることで、無毛でツルピカのお肌をGETできることでしょう!!